FC2ブログ
音楽が呼ぶほうへ
大学三年のyukaです。ポルノグラフィティが大好きで、ラバッパーです!ポルノさんのおかげで、今の私がいると思っています。 更新は、マイペースで頑張ります☆コメント大歓迎!!
11« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»01
スポンサーサイト 
--/--/-- [--] --:--:-- » E d i t
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 
2008/03/15 [Sat] 00:53:53 » E d i t
ポルノグラフィティ 9th LIVE CIRCUIT
「ポルノグラフィティがやってきた」
   in 京都会館第一ホール 2008.2.22(金)

セットリスト、MCに加えて、自分の感想やステージ上の様子など、
かなり事細かに書いているので、もしかしたら読みづらい・分かりづらい部分があるかもしれません。

以上のことを理解して頂ける方のみ、どうぞ!!

席に座ったのは、18:10頃。
開場から開演までが30分しかなかったため、結構慌しかったです。

そして席はというと、1階の前から11列目の昭仁さん前

ヤバイ!かなり近いー!!!ステージ全体がよくみえる!!

これはまたまた、昭仁さんが自分の方に向かって歌ってるような錯覚に陥るな…笑
OMC名古屋のときは、9列目でそれでも近かったのですが、
今回は会場も小さかった為か、前よりも近く感じました。

ステージ上はスクリーンらしき横長のものと、
白い横断幕のようなものが掲げてありました。

なぜか緊張しすぎて、座ってるにも関わらず左足がつるというちょっとしたハプニングも(苦笑)
相当ドキドキしていたんですよ、私。



開始時刻は、18:37。
いよいよロックパーティの始まり


セットリスト&MC&ちょこっと感想

1.ロックバンドがやってきた (English ver.)
これは全ての公演で共通だと思いますが、スクリーン上にト音記号やら音符、今回のツアーロゴに使用されているキャラクターが映し出されていました。
この曲を聴くと、いよいよ始まるんや!って気持ちになれます。

2.Please say,yes,yes,yes
ポルノのお2人とサポメンが登場!!!
うわぁ~やっぱり近い!
憧れの昭仁さんと晴一さんが、目の前にいる!!
この時点で少し涙ぐむ

●お2人の服装●
昭仁さん→黒のジャケットに白のTシャツ、十字架ネックレス、薄めの色のジーンズ
晴一さん→上下とも灰色のスーツ、白のインナー

プリセイの終わりに
昭仁さんが「京都に初めてやってきました!ポルノグラフィティです!」と言ってました。

3.メリッサ
はじめは、「ズンチャチャズンチャ♪」というドラムのリズムに合わせて皆で手拍子し、しばらくして根岸さんのベースで歌いだしました。
メリッサを聴くとどうしても、カラーテープが発射されるイメージがありますが、今回はここでは発射されず(笑)

昭仁さんは、最後の方でおもいっきり声を伸ばしててすごかった!よくあれだけ声が伸びるなぁ…と。
昭仁さんの声量の凄さに感動!

4.Light and Shadow
後ろの画面は、サビでは人の手のような動き・サビ以外では星のようなキラキラした映像でした。

5.リンク
ナマで聴くと、この曲のロックの良さがさらに伝わってきました。晴一さんのギターのリフがすごくかっこよくて、手の動きがよく見えました。

~MC その1~
お決まりの挨拶。
昭仁さん「わしらが、ポルノグラフィティじゃ!」

昭仁さん「ツアーで初めて京都にやってきました!長らくお待たせしてほんとに申し訳なかったです…。」
←泣くまねをしながら。

お客さん「学祭は~?」

昭仁さん「それは後から言うがな(笑)ツアーで初めて来たのよ。ツアーでね!初めて来たんですよ。」

晴一さん「ほんまに大阪ばっかりでライブやりよって!って思うじゃろ? 京都の方が古い都なのよ!って思うじゃろ?」

晴一さん「大阪とか奈良とか兵庫は関西っていう一つのくくりで大丈夫みたいじゃけど、京都の人って「関西?」って言うと「いえ、京都です」って言うよね(笑)「関西弁」って言うと「いや、京都弁」って。なんか独立心があるね。」

晴一さん「8年間も来ないで失礼しました。 言うたら曲は出し続けとんじゃん? それって俺達のラブレターみたいなもんじゃん?ラブレターは出し続けよんのに会いにこんみたいな。それなのに、初めて会ったのにライブやらせろみたいな。
『やーらーせーろー』みたいな(笑)」

昭仁さん「高慢ですよ、高慢!」

晴一さん「こんな失礼なバンドに会いに来て下さってありがとうございます。今日は愛情いっぱいで頑張ろうと思います。」
     ←このセリフ、かっこよかった(笑)


6.ミュージック・アワー
1番のサビで大幅な歌詞間違い。
昭仁さんが「おもいっきり歌詞間違えた~♪」と歌ってました!

「ミュージシャンも張り切って♪」のあたりで根岸さんがぴょんぴょん飛びながらひいていて、昭仁さんがサポメンの皆さんを指してました。
「Thank you for your letter♪」を、「Thank you for 京都♪」と歌い替えていました。

7.ウォーカー
これは自分でコミュニティを作るくらい好きな曲なので、聴けて嬉しかった♪

8.農夫と赤いスカーフ
オレンジっぽい照明がキレイだったのが印象的。
晴一さんのギターソロも演奏にすごく気合いが入ってるのが伝わってきた。

~MC その2~ 
確か、皆が「あきひとー!」「はるいちー!」としきりに叫ぶので、
昭仁さんが、「そんな叫ばれても困るわな!笑」と言ってました。

そして、
昭仁さん「初めてポルノのライブに来てくれた人ー?」

(ちらほら手が挙がる)

昭仁さん「初めまして、私たちはポルノグラフィティと申します。」と、丁寧にお辞儀。

その後、「今日は男の割合が多いんちゃう?」という話になり、
手を挙げろとも何も言ってないのに挙げてる人がいたので、
昭仁さんは笑ってました。


学祭ライブで京都に来たけど、ツアーでまわるのは初めて。
前に学祭でノートルダム女子大学に来たときのライブで、体育館の床が抜けたらしいです。
その時からファンだった人もちらほらおられました。
昭仁さん「ライブで床が抜けることなんてもうないので、今となってはいい思い出になっとります!」


そして、今回のライブの趣旨説明。

昭仁さん「今まではライブハウスをまわってきたんじゃけど、先週からはホール会場をまわっておりまして、それがものすごく新鮮。」

ここで次の曲に入る前に、昭仁さんは「そらいろ」ができた経緯を語っていました。
(因島の友人から電話がかかってきて、「元気にしてるか!?」と言われ、それが嬉しくて…というような説明だったはず) 

9.そらいろ
スクリーンにはキレイな空の風景。
私は気がつかなくて後から聞いた話ですが、
曲中に松永さんがドラムのスティックを落としたらしいです。

でもさすがはプロ。
スペアをすぐに取り出して、何もなかったように演奏を続けられたようです。

私自身、去年の秋に精神的に病んでたとき、この曲の間奏部分(明日を迎える不安と闘いながら~♪)に励まされ、何度も聴いていた時期がありました。
その時の事を思い出してしまい、自然と涙が出ました。。


10.鉄槌
本編の歌の部分に始まるまで、いろいろとアレンジされていました。
そして、後ろにある幕もここではずされていました。
この曲はいわゆる、ポルノのお2人がいつも言ってる、ライブの”へそ”の部分。

大阪ライブのときと比べると、間奏の「静→動」に変化していく部分のアレンジが全然違いました!
大阪のときはなんとなく神秘的で、一つ一つの音を聴かせる感じでしたが、京都では更に進化してロックしてる!って感じのアレンジで、かっこよかったです。

間奏が終わって、「声を打ち消す~♪」に入る前に、ほとんどのライトが消えて、真ん中のライトだけがつき、お2人が影のように見えたところがかっこよくて、ゾクゾクしました。


11.空蝉
やっぱりいい曲だ!!
確か、ライトが青色っぽくて、すごくキレイだったような。
曲の後、スモーク(煙)がすごかったため、
昭仁さん「すいません、スモークたきすぎですね(笑)咳き込んでいる方もいますが、大丈夫ですか??」
と、お客さんを気遣う場面も。
(確かに、かなりの煙だったので、私も少しけむたかったです。)


~MC その3~
大阪に住んでた頃の京都との関わりの話。
昭仁さん「えーっと何年前やったかなぁ…あっ!今自分がもっと若いと思っとったんよ(笑)もう13年前の話になるんじゃね。」

晴一さん「今33じゃからね。」

昭仁さん「20歳の頃から3年間大阪に住んどったけど、京都にはちょこちょこ、いや、よく遊びに行ってました。服とか買いに。あとは金閣寺とか、いわゆる寺院まわりなどの観光も。」

晴一さん「それって、観光客がよくやるベタなコースだよね?(笑)」


そこから、昭仁さんが錦市場に行った話。

昭仁さんは昨日、根岸さんと一緒に、京都の錦市場に行ったらしく、始めは目的も忘れて試食ばかりして食べ歩いてたらしいです。(ちなみに、本当の目的は京野菜のお漬物を買いに行くことだった。でも、結局は漬物も買ったらしい)

昭仁さん「錦市場って知ってた?」

晴一さん「う~ん…(昭仁さんの話を受けて)魚介類とか売ってる市場じゃないんじゃね。」

そして、試食ばかりしないで、やっぱり何か買わないと!っという話になり、何を買おうか悩んでいたら、いちごが目につき、なんと2粒で1000円もして、昭仁さんも根岸さんもあまりの高さに相当驚いたようです。
(根岸さんはこのときステージ上にはいなく、昭仁さんは横を見ながら話してました)

そして悩んだ結果、各自2粒ずつ買ったと話してました(笑)
(←何粒買ったというまでに、確か晴一さんに「それで?笑」とい冷やかされてたと思います。)

また、いちごの他に480円のトマトを一人1つずつ買った。
(この頃に根岸さんがステージに戻ってくる)

漬物屋が2つならんでて、どっちの店で買おうか決めるためにまず1件目で試食して、次に2件目で試食して「さっきよりこっちのほうが美味しい…作り方が違うんだ!すいませーん。これ下さい!」と言ったら、1件目の店の店員さんがやって来て、
「これ、さっき(一件目)食べたのと同じですよ」と言われた。
てっきり違う店だと思って、散々迷ったのに結局同じお店だったので、すごく恥ずかしい思いをされたらしいです(笑)


昭仁さんが「苺を買った!トマトを買った!」と言う度に、
晴一さん「それは今楽屋の冷蔵庫に…」

昭仁さん「ない~笑」

という掛け合いをしていました。
最後には、晴一さんは「けち~」とも言っていました(笑)

あとは、錦通りで豆乳ドーナツを食べた話もあって、
豆乳ドーナツを一言で言うと「ふわっふわ!」だそう。


昭仁さんが晴一さんに向かって、
「どこか遊びに行ったりしてないん?」と聞いたので、

晴一さんは「ライブ終わったら、先に斗がつくところ(要するに先斗町【ぽんとちょう】のこと)に行きます!」と暴露。

(お客さん、苦笑い)

晴一さん「なんか微妙な空気が流れてるのぉ~笑」

そりゃ、そんなことを堂々と言われたら、皆驚きます(笑)
私も先斗町を歩いたことがあるんで、なんとなく町の雰囲気が分かります

その後は、「あなここ」がオリコン1位になったという話。
昭仁「多くの皆さんのところに届いていて嬉しい!ありがとうございます!」

12.あなたがここにいたら
いくつかの歌詞がピックアップされて、スクリーンに映し出される。

「僕の真ん中にあなた」
「今もあなたがここにいたらと」
「さよならばかりが人生」
「強い弱い想い一人揺れる」だったと思います。
テレビやCDで何度も聴いてるはずなのに、やっぱりナマで聴くと感動しました。いい曲だ…!!

13.My 80’s 
とにかく、スクリーンがカラフルで、微妙に歌詞と連動しているところが凝ってました。
(例えば、「彗星の~♪」では実際に彗星が流れる映像が出たり、「胸に七つ星~♪」では星が映し出されたりと。)

更に、間奏の三三七拍子では、前から順に昭仁さん・本間さん・根岸さんの順で、時計回りにぐるぐる体を動かしていました。(これってEXILEのマネなんですか!?)
本間さんは両手に扇子を持って…笑


14.ネオメロドラマティック
これはとにかく盛り上がる!!皆跳びまくる!!
ネオメロは、私のポルノ初ライブのときに初めてお披露目された曲なので、今でもとても特別な一曲です。

昭仁さん「盛り上がってますか、京都!!」

お客さん「イェーイ!!」
 
昭仁さん「次はあなたの心に穴を開けてあげる。」
(←このセリフ、かっこよすぎ)

15.ホール
まさか聴けると思っていなかったホール。
一気にテンション上がりました
やっぱりこの曲は、ライブで完成形が見えますね。

そしてこのところ、ずっとつられてる曲だったので尚更嬉しかった!
「俺とお前で穴蔵ダンシング♪」はやっぱりエロい感じがよかった(笑)最後の方のシャウトもばっちり決まってました!


16.ROLL
なんかこの曲聴くと泣きそうになる。
間奏の、「恐れてたんだ♪」の部分でまたしても真ん中の照明だけがパっと光って、かっこよかった!


曲が終わると、晴一さんのギターのみの演奏。
晴一さん「ぶるんぶるん!俺の後ろに乗っていかない?」
←”ぶるんぶるん”がヤケに可愛かった(笑)

昭仁「京都、まだまだいくぞー!!!」

ここで、ポルノ+サポメンさんたちが、今回のツアータオルを掲げていました。(お客さんもマネして、タオルを上げる)

17.ハネウマライダー
ここで、いよいよカラーテープ発射!!
私は背が低いため、必死にジャンプしてテープをゲット!笑
タオルまわして、会場全体で盛り上がりました。

18.マシンガントーク
まずビックリしたのが、大阪の時よりもモンキーダンスをやってるお客さんが多かったこと!
昭仁さんも間奏で踊ってました(笑)

そして、「Good Time!」「Bad Time!」で、お客さんとのコール&レスポンス!
初めは通常の音程通りやって、慣れていくうちにいろんな音程で歌って、お客さんも真似して歌う感じ。

未だに間奏のあの特徴的なベース音が頭から離れません。 

19.ベアーズ
昭仁さん「ラスト一曲です!今日はありがとうございました!!」

ラスト1曲かぁ…早いなぁ”ラスト”という言葉を聞くと悲しくなるなぁ…という感慨に浸りつつも、ノリノリで手を振った!

スクリーンには、得点表とかが映ってて、とにかくキラキラした感じでした!!


ポルノは一旦ステージを去る。
会場からは既にポルノコールが!
私はいつもこのとき、会場全体を見回して、
「どれくらいお客さんいるんかな?」
「皆はどんな表情してるんやろ?」と、いろいろ考えてます(笑)

今回も見渡していたら、皆嬉しそうな顔でポルノコールをしていたので、なんだか見ている私まで幸せ気分になりました。


アンコール編は次へ続く!!!

スポンサーサイト
live *  TB: 0  *  CM: 0  * top △ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pglovingup74.blog116.fc2.com/tb.php/22-3c6d2a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。